【収納】は多いほど良いと言うのは嘘!?収納について考えてみた

家づくり

どーもT-san(@icijyo_tsan)だ

今回の記事からは少しキャラ変更という事で、敬語で記事を書く事をやめようと思っている

インスタでは先にキャラ変更をしたが、ブログでは敬語のままとなかなかキャラの統一ができなかったがこの記事からは完全に敬語はやめだ。

さて、本題に入ろう。この記事は何の根拠もなく俺の独断と偏見による考察記事なので、正解とは限らない為ご了承願いたい

【収納】は多いほど良いというのは嘘

よく新築を建てる際に収納は多ければ多いほど良いと聞くと思うが、俺が思うのはそうじゃなく『収納は適切な量が良い』と思っている

収納は多ければ多いほど、要らないものばかり溜まっていくであろう

ましてや収納スペースなんて言葉を聞いたことがあると思うが、これこそ無駄だと思う。なぜかと言うと収納スペースは収納以外では使い道がないから。

逆に収納スペースなのに何もなかったら本当は要らないのにとりあえず取っておこうという考えになり、家の中にどんどん要らないものが溜まっていくはずだ

我が家は、暮らしにおいて必要最低限のものしか持っていない。一条工務店のカップボードですら収納が余りすぎて2カ所くらいは未だに何も入れていない

だが、日常生活において困ることはない

収納が広ければ広いほど、使わないもの(要らないもの)はどんどん奥の方に溜まっていき本当に必要なものの収納スペースは本来の収納スペースの半分になっていると言うこともあるだろう

あなたも家の収納の奥の方を見てみては?

使わないもの(要らないもの)がたくさんあるのではないか?

うちの実家は収納が大量にあるが、いざ何かを出そうってなるとかなり探さないと出てこない。それに、未だに俺の幼稚園の服とかまでとってある。おそらく一生使うことはないだろうが一生捨てる事もないだろう

要は思い出品を収納に溜め込んでいる人はかなり多いと思うし、これからのけておこうなんて考えてる人も多いと思う。

幼稚園のバック?ランドセル?それをとっておいてどうするの?

自分の孫にでも使わせる気?孫には新品を買うのに・・・

思い出として残しておきたい気持ちもよくわかるが、写真があればよくないかい?と俺は思う。

適切な収納の量ってどのくらい?

一般的な収納スペースの目安は延べ床面積の10パーセント程と言われてる

これはライフスタイルや家族の人数等によってかなり変わってくるので、必ずとはいえないが、基準の目安となる数字だ。

なので、今収納の量足りるかな〜と悩んでる方がいるのなら俺は言いたい。

『足りるかな〜』

ではなく

足りるようにすれば良い

足りるように、断捨離をしたり整理整頓をしたりすれば良いだけのことだ

よく、収納全然足りない〜と言う方はいますがそう言う人はどんだけ収納が多くても同じことを言うでしょう。

ただ邪魔な(要らない、使わない)物が増えるだけ!と俺は思う。


一条ではシンデレラフィット収納がやりやすい

一条工務店でインスタをやっている方ならば、誰もが1度は聞いたことあるであろう

シンデレラフィット

一条工務店ではカップボードや、洗面台収納がほとんどの方が一緒なので、収納グッズを丸パクリすると言うことができる。

これは、大きなメリットだと思う。収納の仕方は結構難しいと思うが、すでに住んでる方が実際にしている収納術などをみてそれをそっくりそのまんま真似をすることができるので、一条の収納ではシンデレラフィットが簡単である。

家づくりをするのにインスタをやることはとても大切なことだ。

一条工務店ではオリジナルハッシュタグとして

『みてみて一条』

と言うハッシュタグがある。

興味ある方は検索してみてね

#みてみて一条を見る

最後に・・

今回は、収納について考えてみて少しキツイ言い方もしたと思うが全部本心だ。

収納は家づくりにおいて一番難しいのじゃないかと思う。増えれば増えるだけ部屋は狭くなるし、足りなかったら困るし、本当に難しいと思う。でも、余るほど収納スペースがあるよりかは足りないくらいの方が家が綺麗に保てて良いんじゃないかなと俺は思う

最後まで読んでいただきありがとうございます

みんなのWEB内覧会をみて良いところは真似しよう♪

にほんブログ村へ飛びます

Web内覧会*一条工務店

みんなのWeb内覧会

WEB内覧会*玄関

web内覧会*収納・クローゼット♪

WEB内覧会*寝室

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*書斎

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*子供部屋

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*お風呂

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*ベランダ

WEB内覧会*パントリー

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました